(芸術と精神)神奈川県厚木市で心理カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 厚木店まで!


 
ホーム 心理カウンセリング お話相手サービス よくある質問
ご利用の流れ 店舗情報・プロフィール ご予約・お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
が営業日です。

2020年10月1日更新

 

  芸術と精神



精神的に落ち込んでいる人に対して「もっと頑張りなさい」とか「もっとしっかりしなさい」など、言葉を介してのアドバイスは返って逆効果で反発を招きます。

精神的に落ち込んでいることが長いと、やがてうつ状態に移行し自分のコントロールが出来なくなります。

こういった場合、本人の気付きが大切で、間接的な「何か」で対応すること、これが非言語療法です。

精神的に落ち込んだり、うつ状態にあるときに用いられる療法に
「コラージュ療法」
があります。

コラージュとはフランス語で、「糊付けすること」を意味します。

パブロ・ピカソ(1881〜1973)やジョルジュ・ブラック(1882〜1963)がリードした芸術運動の一つ「キュビズム」で芸術表現の一つとして取り入れられ、その後様々な作家の芸術作品に用いられるようになりました。

雑誌や広告、新聞紙などの写真や絵などを切り抜き、台紙に貼って作品を作るものです。切り抜きの中から気に入ったものや気になったものを選び、それを台紙の上に好きなように貼るだけなので、比較的簡単に行えます。

コラージュ療法は、写真などを貼り付けるという方法で行いますので、絵の上手下手、得意不得意とは全く関係がありません。

そのため、作品が出来上がった時に、自分の作品の出来栄えにがっかりしたりすることはほとんどありません。自分なりに気に入った作品が完成することが多いようです。

その時の指導者の解釈を伝えようとするよりも、対象者の製作中の心の動きを聞いたりしてみることが大事なのです。

制作中にどのように感じていたか、また貼り付けた切り抜きに対してどんなイメージを持っているかなどを話してもらい、切抜きの内容から連想を広げていくような心構えが必要です。

無理な解釈は避けるようにして相手に「気付き」を促すようにします。

また、音楽療法でいえば、うつ状態がある場合、マイナー曲を聞かせ感情の動きを観察しながら感想を聞くようにする。

演奏者の心のメッセージがあるほど、また、その演奏によって感動、感銘があるほど相手に「気付き」を促す可能性があります。

人生の分岐点、また、仕事面での悩みやストレスを抱えて居られる方こそ純粋な芸術との付き合いが必要です。

慌ただしく過ぎる毎日の中で自分のこころに寄り添う時間を過ごしてみませんか。





メンタルケアサロン心の翼 厚木店
メンタルケアカウンセラー 木田 篤【Kida Atsushi】



★あなたのお悩みを、心の翼 厚木店にお任せ下さい!

 

  店舗概要 心の翼 厚木店

〒243-0014
神奈川県厚木市旭町
1−21−12
三紫ビル4階4−D

予約専用 090-8801-0941

TEL予約受付時間
土曜日・日曜日・祝祭日
(9:00〜21:00)

HP予約:24時間 年中無休

★カウンセリング時間
土曜日・日曜日・祝祭日
(9:00〜22:00)

★お話し相手サービス時間
土曜日・日曜日・祝祭日
(10:00〜22:00)

Copyright © 2020 メンタルケアサロン心の翼 厚木店 All rights reserved.
by メンタルケアサロン心の翼 厚木店